イメージ画像

最新更新記事

平成26年7月31日新着!
必ずしも行動に移されるとは限らない
平成26年7月30日更新
食品を長持ちさせる保存方法
平成26年7月29日PICUP
簡単に作れる
平成26年7月28日最新情報
必要なもの
平成26年7月27日NEW
基本の食料品を使ったレシピ

本日のオススメ不動産HP!

最新住宅HP オススメ度 説明!
豊島区の新築一戸建 ★★★★★ 労災葬祭料
bto ★★★★☆ パソヲタ

不動産情報最前線!の『魅力』

不動産に役に立つ知識情報が手に入ります!

オススメの不動産屋さんをピックアップ!

毎日更新だから常に新鮮な情報が手に入ります!

スミズミまで読めば不動産博士!?

ようこそ『あたたかホーム』へ!

必ずしも行動に移されるとは限らない
*食料棚約摂氏29度以下。食料棚は、コンロや冷蔵庫など熱を放出する電化製品から十分離れた場所に設置すること。約摂氏38度(華氏100度)以上になると、缶詰製品は劣化することもあります。*冷凍庫約摂氏マイナス17度。マイナス17度より低いと、食品の組織が破壊される可能性があります。また、食品の風味や食感、栄養価が変わってしまう危険もあります。冷凍すべきか、せざるべきか?我が家の冷凍庫の中には、完全にその原形をとどめていないものが入っています。去年の牛ひき肉の残り、分厚いケーキ一切れ・・・。私はいつも、「そのうち、食べる」という固い決意をもって、自分を納得させて、冷凍庫にしまいます。冷凍技術って、まさに、文明の利器ですよね。けれど、その決意は必ずしも行動に移されるとは限らないもので、特に、「解凍」という恐ろしい響きの行動がかかわってくると、ますます、実行に移せないものとなります。私の経験から得たみなさんへのアドバイスは、自分自身に正直になるということです。心の底から正直に。あとあと食べることが想像できないのであれば、わざわざタッパーをからにして、二度と手をつける可能性の低い食品を詰め込む必要などないのです。本当に必要なスパイスはたったの5種類先日、知り合いの女性ライターがこんな話をしてくれました。ある月曜日の朝のこと。職場の同僚がやってきたので、覚えたてのレシピの一つを披露することにしました。

このページの先頭へ